弊社は、不動産コンサルティングサービスにて、

「住宅ローン」「資金調達」「価格交渉」を支援しています。

 

 

FullSizeRender-2はじめまして、株式会社ライフスタイル代表の

仲井間憲太(なかいまけんた)と申します。

現在、住宅資金調達コンサルタントとして、不動産売買、住宅ローンコンサルなど、「自己資金0円で住宅購入を諦めかけてる方」に対して「少予算でマイホームを購入する基盤」を作り上げる6ヶ月間のコンサルティング・プログラムを提供しております。

 

2012年の8月にファイナンシャルプランナーとして独立。

しかし、既存の保険顧客が半減し、経済的にどん底の状態へ転落しました。

 

そんな中、フラット35(長期固定金利型住宅ローン)を取り扱い始め、住宅購入に携わる機会が増え、県内の子育て世代の多くが自己資金が十分で無い状態で住宅購入し、住宅ローン返済の影響でその後の生活が圧迫されてる現状を知りました。『不動産屋が苦手とする「資金計画や生活収支」をコンサルティングする』ことを決意。

 

2015年に念願の宅地建物取引士を習得。2016年から宅地建物取引業として登録し、これまで中古マンション、土地、建物の取引に関わってきました。

その中で自己資金0円で中古マンション購入したケースをもっと多くの方へ伝えるため、日々セミナーやブログで情報発信しております。

 

 

雑誌などのメディア掲載記事

scan-29

▲GooHome2017/3月号 ”トップインタビュー” コーナーにて株式会社ライフスタイルが掲載されました。→掲載記事はこちら

 

 

マイホームの購入に関してこんな悩みはありませんか?

自己資金が少ないので住宅ローン審査が厳しそう・・・

自己資金が少ないので諸費用が支払えるかが不安・・・

子供の教育費が支払えるかが不安・・・

リフォーム工事の手配が面倒・・・

住宅の傷み具合が事前に分からないので心配・・・

 

もし、上記のようにお悩みなら最後までこのページを読むことはきっとあなたのお役に立つはずです。

 

なぜなら、今からお伝えするのは『自己資金0円で中古マンションを購入するサービス』だからです。

 

このサービスを受けた多くの方は”不動産を購入するにはまだ早い”と言われ、購入を諦めかけてました。

 

自己資金が手元に無い = 購入できない

 

この常識を覆す画期的なサービスです。

 

では実際に成約した事例を一つご紹介します。

 

 

那覇市国場Uさん(30代)のケース

何気なく不動産ポータルサイトを閲覧してると今住んでるアパートから近い場所に築20年のマンションが売り出されていました。実は数年前から娘が通っている小学校区内で住宅購入を検討してましたが、中々見つからなかったので今回はどうしても購入したいと思いました。

しかし、私たちには十分な自己資金がないため住宅ローンの審査が通りませんでした。せっかく欲しい住宅を見つけたにも関わらず、計画が止まってしまいました。

相談に来られた経緯

インターネットで住宅ローンや資金計画について相談できるところを探してたところ、『豊見城住まいのお金相談室』ブログを見つけて無料メールを受講したことがキッカケでした。

相談を受ける前の心境

5日間の無料メール講座を受講して、今までなんとなくで進めてた購入計画の甘さを痛感し、『住宅購入はゴールでなくスタート』というフレーズがとても胸に突き刺さりました。自己資金0円で本当にマンションを購入できるのか?又、住宅ローンを返済し続けることができるのか?が心配でした

相談のポイント

Uさんが抱える一番の問題は自己資金が0円だったこと。

最近の住宅ローンは住宅購入費以外に諸費用も一本化できる商品が多いので自己資金が不要だと思われがちですが、本審査を受けるときまでに売買契約を行い手付金を売主へ支払わなければなりません。よって購入価格10%〜15%の手付金が必要になります。そこで今回は◯◯◯◯◯◯◯◯を提案しました。

後日、◯◯◯◯◯◯◯◯を申し込み100万円を確保することができました。

不動産会社との交渉

売主側の不動産会社には”買主の購入意思が高いこと、定職につき安定した収入を得てること”を説明した上で当初の購入価格から50万円値下げ、手付金については160万円→30万円まで引き下げを要望しました。

交渉した結果、引き下げることに成功しました。

不動産会社との交渉のポイントは売主にとってプラスの材料をどれだけ示せるかが重要です。

住宅ローン仮審査

沖縄県内の金融機関を隈なく探した結果、上限付き変動金利型のマンション専用ローンで審査することを提案しました。このローンは変動金利ですが、上限付きのため金利が上昇しても2%で止まるので安心です。

早速、Uさんと金融機関に同行しました。

仮審査を申し込んでから翌週にUさんから電話が….

審査に落ちたのかな?と不安な気持ちで電話に出ると

Uさんの明るい声で『仮審査OKでした』と報告を受け、とても安堵しました。

売買契約、本審査

売買契約を無事に終え、金融機関で本審査を申し込みました。金融機関の担当者に住宅ローン特約(審査落ちた場合に契約白紙にできる有効期限)期間内で結果を出して欲しいと依頼しました。

それから3週間….

見事に本審査を通過しました!

決済および引き渡し

金融機関で金銭消費貸借契約を締結し、司法書士の手続きを終えて、ようやく鍵の引き渡しです。

そのときのUさんの喜んだ顔を見て”この仕事を全力に取り組んで本当に良かった”と心から思いました。

コメント

今回のケースは自己資金0円でマイホームを入手した実例です。

手付金を確保できたこと条件の見合った住宅ローンを見つけたことが最大のポイントです。そして、Uさんの住宅を購入したい熱い気持ちが原動力になり購入することが出来たと思います。

初めて相談を受けてから購入に至った期間は約4ヶ月です。

連絡のやり取りは主にFacebookのメッセンジャーで行いました。

今回利用した購入サポートプランは購入予算診断サービス売買契約の2つです。

 

 

お客様の声

 

 

自己資金0円で購入した事例はいかがでしたか?

これまで諦めてたマイホーム購入を実現できるかもしれません。

購入を実現する為には以下のような知識を身につける必要があります。

1466327040_red-01 手付金はいくら必要なのか?

1466327040_red-01 諸費用はいくら必要なのか?

1466327040_red-01 購入価格の値下げ交渉がうまくできるのか?

1466327040_red-01 ライフプランを実現するために幾らの借り入れが必要なのか?

1466327040_red-01 住宅ローンは変動金利で大丈夫なのか?

1466327040_red-01 団体信用生命保険に加入すべきか?

 

こういったことが、分からないと資金計画は立てられず….

 

分からない状態で住宅購入してしまうと…

 

スクリーンショット 2016-06-21 11.57.36当初予定していた返済額を超えても目をつむる

 

スクリーンショット 2016-06-21 11.57.36変動金利で住宅をローンを組んでしまった

 

スクリーンショット 2016-06-21 11.57.36十分なインスペクション(建物検査)を実施しなかった

 

スクリーンショット 2016-06-21 11.57.36使い勝手の悪い間取りだったが妥協した

 

このように安易な考えで購入してしまうケースがあります。不動産は高額な買い物なので慎重になると思いきや、実際は金銭感覚が麻痺してしまい冷静な判断ができないことが多いです。ですから、事前に収支計画を実行できてない方は・・・

非常に危険です

 

危険その①子供の教育費が足りない

 

小学校に進学する頃から様々な出費が増えます。大学進学時にはまとまった学費が必要になりますので日頃から教育資金の積み立てが重要です。

 

危険その②住宅ローン金利アップによる返済額の増加

 

現在、住宅ローン金利は過去最低記録を更新しています。つまり、底値に位置しています。今後、金融政策の影響などでいつ金利が上昇してもおかしくない状況です。

 

危険その③住宅ローン減税が受けられない

 

築25年を超えた中古住宅(耐火建築物)を購入すると原則、住宅ローン減税が受けられません。例外としてインスペクション(建物検査)を受け、認定した物件に限り住宅ローン控除を受けることが可能です。

 

危険その④リフォーム費用を住宅ローンに含められなかった

 

購入後にリフォームを実施すると住宅ローン金利に比べ高く、返済期間が短いため、返済額が高額になります。

 

 

後悔しない中古住宅の購入方法とは?

 

幅広い知識を持った専門家に相談することです。一般的な不動産会社は購入手続き以外のことに関してはお客様任せです。

一般的な不動産会社

 

購入希望者自ら、それぞれの業者の話を聞いて商品を選定します。結果、業者の言いなりで契約してしまいます。又、決断するまでに多大な時間を要します。

 

yajirusi_gra1_green

 

 

弊社の住宅購入支援プログラム

 

購入希望者は不動産取引、

各種保険、住宅ローン等、リフォーム業者探しなどを一つの窓口で相談から契約まで行えます。勿論、購入希望者に寄り添ってアドバイスしますので適切な判断ができます。

 

沖縄県内でこういったサービスがまだ定着していません。その原因は不動産会社の多くが売却活動に注力しているからです。つまり売主に寄り添った営業活動をしています。

 

 

住宅購入支援プログラムの流れ

 

ステップ①まずはお問い合わせください

 

まず最初に、申し込みフォームから氏名、mailアドレス、面談希望日を入力してください。また、ご相談に関する質問や疑問等ありましたらお気軽にお聞き下さい。

 

yajirusi_gra1_red

 

ステップ②マイホーム購入予算診断サービス

 

ご家庭の家計の状況をヒアリングし、その内容をもとに分析・シュミレーションを行い、後日あなたのご家庭が購入しても大丈夫な予算をお伝えさせて頂きま す。ここでお伝えするのは、プロの目線から算出した金額です。また、『あなたのご家庭の家計がマイホーム購入後どう推移していくのか』を具体的な数値で データ化したキャッシュフロー表をお渡しします。

 

yajirusi_gra1_red

 

ステップ③物件探索および建物検査

 

ステップ②で算出した購入予算内で中古マンションを探索いたします。探索方法はインターネットのみならず、不動産業者間のネットワークを利用します。インスペクション(建物検査)は売主側の了承があれば実施できます。

 

yajirusi_gra1_red

 

ステップ④手付金及び購入金額の交渉

 

手付金は融資実行前の売買契約時に支払います。自己資金が少ない場合この金額を低く抑えることがポイントです。自己資金0円の方はこの時点で◯◯◯◯◯◯◯◯などの申し込みを行います。

 

yajirusi_gra1_red

 

ステップ⑤住宅ローンの選定および仮審査申し込み

 

ステップ②で試算した返済額と金利の上昇を押さえられる商品を選定します。仮審査を申し込んで結果がでるまでおよそ一週間程度です。

 

yajirusi_gra1_red

 

⑥売買契約

 

本審査には売買契約書が必要なため、仮審査が通過してすぐ売買契約を締結します。その際に手付金を支払います。

 

yajirusi_gra1_red

 

ステップ⑦融資実行及び引き渡し

 

金融機関にて融資実行と同時に登記簿の名義変更、鍵の引き渡しを同日に実施します。この瞬間に晴れて物件のオーナーになることができます。

 

 

料金のご案内です。

住宅購入支援プログラム(3年間)

一律200,000円

仲介手数料(住宅ローンに含めることが可能)

売買価格の3%+60,000円(税別)※住宅購入支援プロゴラムをご購入した方に限り200,000円割引いたします。

 

 

第4期は5名様限定で募集します。ベストなパフォーマンスを発揮するために人数を限定させて頂きます。

 

 

マイホームを取得してから後悔したくないあなたへ

ぜひ、住宅購入支援プログラムをご利用ください。賢い購入を実現するためには、『住宅購入専門FPへ相談すること』が最も重要です。
住宅購入支援プログラムを利用することで、ご自身で調べて迷ったりすることがなくなり、購入するまでとてもスムーズです。適切な購入予算を把握することで将来の生活設計について余計な悩みが少なくなります。
住宅購入支援プログラムを利用されたい方は今すぐ下記の電話番号までお電話いただくか、下記のLINE友達追加のボタンをクリックしてください。あなたからのご連絡を心からお待ちしております。マイホーム購入を実現させましょう。

 

お電話でのお問い合わせはこちら

098−850−3973

LINEでのお問い合わせはこちら

友だち追加    

 

9:00〜18:00(木・日定休)『住宅購入支援プログラムの件で・・』とお伝え頂くとスムーズです。日中外出することが多いため、よろしければLINE(会社専用アカウント)よりご予約ください。

会社のご案内

【宅地建物取引業者免許証番号】

 沖縄県知事(1)第4636号

【アクセス】:沖縄県豊見城市名嘉地111−1

【お車をご利用の場合】

 ★南風原方面からお越しの方:名嘉地インターより車で3分

  →名嘉地インターを下りて名嘉地交差点を右折。約300m直進。

 ★那覇方面からお越しの方:メイクマン豊見城店から車で3分

 →小禄バイパスから名嘉地交差点を左折。約300m直進。

スクリーンショット 2016-06-20 8.49.37

 

 

 

よくある質問をピックアップしました 

Q.相談のみでも対応してくれますか?

A.

はい、大丈夫です。お電話やmail、SNSにて柔軟に対応いたします。店舗にご来店される際は事前にお申し出ください。

Q.相談は何時までできますか?

A.

20時まででしたら事前にご予約頂いた場合のみ対応します。お仕事帰りにでもご利用いただけます。

Q.相談や物件案内は土日でもできますか?

A.

はい。事前にご予約いただけましたら土日でも大丈夫です。

Q.子供を連れて行っても大丈夫ですか?

A.

はい。大丈夫です。キッズスペースなどのご用意はありませんので、その点はご了承ください。

Q.物件探し代行はどの期間してくれますか?

A.

期間は6ヶ月間です。6ヶ月経過しても対象物件が見つからない場合は条件の見直しを打ち合わさせていただきます。予算範囲内の物件が見つかり次第、タイムリーに情報をお送りします。

 

 

プライバシーポリシーCopyright (C) 2016 株式会社ライフスタイル All Rights Reserved.